ゼネコン・サブコン様における熟練技術者不足の問題を解決する会社

お知らせ

INFORMATIONS

総務省「G空間シティ構築事業」名古屋実証実験【2015年2月28日(土)13:30~】について

~地下街での位置情報提供による災害時避難行動支援~
都市災害時の地下街等閉鎖空間における情報伝達の実証開始について

株式会社U’sFactoryは、総務省が実施する「G空間シティ構築事業※1」の委託事業である「都市災害時の地下街等閉鎖空間における情報伝達の実証事業」について、名古屋市中区栄のセントラルパーク地下街における情報伝達システムの開発・構築が完了したことから、2015年2月13日(金)より順次、その有効性を検証する実証実験を行います。
「都市災害時の地下街等閉鎖空間における情報伝達の実証事業」については、立命館大学(代表者:教授・西尾信彦)が代表機関を務める「G空間シティ地下街防災対策コンソーシアム」の提案による総務省の「G空間シティ構築事業」の委託事業として東京・大阪・名古屋の3地域で実施しており、名古屋地域においては共同提案者であるNTT西日本が中心となり、最先端のICTを活用した地下街等閉鎖空間における災害時情報伝達システムの開発・構築を進めております。
概要は、以下の通りです。
※1 「G空間(地理空間)シティ構築事業」について
G空間情報のICTによる利活用を促進し、経済の成長力の底上げ及び国土の強靭化を図るため、「G空間×ICT推進会議」報告書を受け、総務省の委託事業として実施するものです。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/top/local_support/02ryutsu06_03000054.html』をご参照願います。
1.システム概要
都市部の地下等閉鎖空間において大規模災害発生時等に、ICTを活用して滞在者への的確な情報配信や避難誘導支援を可能にするシステムを構築するもので、セントラルパーク内各店舗に設置したBeacon端末により、スマートホン等を介して滞在者がGPS電波の届かない地下街でも自位置を測位・確認できる点が特徴です。災害時には自位置を踏まえた災害情報が受けられ、より安全、確実な避難を支援するとともに、日常時には店舗情報の提供や目的店舗までのナビゲーションなどのサービスが受けられます。

2.実証概要

専用アプリケーション※2(iOSにのみ対応)をダウンロードした地下街滞在者のスマートホン等に、災害情報・被災状況等のメッセージ配信及び、地下街地図上へ被災場所・滞在者の滞在位置を表示し、滞在位置に応じた適切な避難経路情報を提供することによる避難行動支援の有効性を検証するとともに、携帯基地局の機能停止・停電などにより3G回線などを経由した情報の取得や地下街内放送設備等が利用できない場合を想定し、Bluetooth近接通信※3を利用した緊急メッセージ通信による災害情報・被災状況等の伝達実証を行います。
また、日常時利用として、地図情報とナビゲーションによるセントラルパーク内でのスタンプラリーを実施し、ナビゲーション機能による経路案内等の有効性を実証します。
【別紙:都市災害時の地下街等閉鎖空間における情報伝達実証実験概要】
※2 専用アプリケーション「センパナビ」について
「センパナビ」は名古屋セントラルパークを2D地図、3D地図を使ってわかりやすくナビゲーションするアプリです。名古屋セントラルパーク内ではBluetoothをONにすることによって地下街でも地図上に自分の位置が表示されます。また現在地から目的地までのナビゲーションも2D、3Dの両方で表示できます。アプリケーションは、iOSにのみ対応しています。
※3 「Bluetooth近接通信」について
スマートホン端末同士がBluetooth通信で直接接続し、通信が行えるネットワーク基盤で、NTTコムウェア㈱が開発した技術です。端末間を直接接続するため、災害時など携帯電話通信網が輻輳・途絶した状況下でも、リアルタイムかつ簡易に情報を伝播することが可能です。

3.実証のポイント

(1)Beacon端末の活用による地下空間での自位置の測位の有効性の確認
(2)被災場所と自位置情報の提供による避難行動支援の有効性の確認
(3)Bluetooth近接通信による緊急メッセージ通信の伝達確認
(4) 経路情報表示とナビゲーションによる経路誘導の有効性の確認

4.実証実施時期等

(1) 災害時利用の実証
時期:2015年2月28日(土)13:30~
場所:セントラルパークで実施予定の防災イベント「〔〕tohome」(カッコトゥホーム)内。
内容:NPO法人「大ナゴヤ大学」の登録者約30名の協力により、セントラルパーク地下街にて、本システムを活用した避難行動を実施いただきます。
(2) 日常時利用の実証(スタンプラリー)
期間:2015年2月13日(金)~3月15日(日)
場所:セントラルパーク地下街内
内容:一般の方を対象に、セントラルパーク内でのスタンプラリーを実施し、ナビゲーション機能による経路
案内等を体験いただきます。「センパナビ」は、「AppStore」から無料ダウンロードできます。
5.その他
(1) 専用アプリケーション「センパナビ」対応OSは、iOS7及びiOS8のみです。
(2) 専用アプリケーション「センパナビ」及びスタンプラリー開催の周知につきましては、ポスター・チラシ等によりセントラルパーク内及び各店舗で行います。

文書名 _総務省G空間指定構築事業名古屋

総務省G空間指定構築事業一覧_ページ_03 報道資料NTT西日本_ページ_3

上へ戻る