ゼネコン・サブコン様における熟練技術者不足の問題を解決する会社

お知らせ

INFORMATIONS

日本建築学会「第37回情報・システム・利用・技術シンポジウム」にて発表します。

◆2014年12月11日(木)〜12日(金)  【建築CPD:各日6単位】
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2014/141211-12.pdf

【プログラム】―――――――――――――――――――――――――――
▼オープニングパネルディスカッション 【12月11日 14:10-17:30】
「シミュレーションとデザイン」
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2014/141211pd.pdf
▼論文/報告発表講演 【12月11日・12日】
・オーガナイズドセッション(OS):
1)ソフトコンピューティングとその近傍領域
2)デザイン科学の実践と研究
3)建築・人間のモニタリング
4)地域空間情報と防災・減災
・一般セッション:
都市・GIS、教育、BIM、行動モデル・避難モデル、情報技術、構造、
景観、空間・建築計画
▼クロージングパネルディスカッション 【12月12日 15:10-17:00】
「3次元スキャン特集」
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2014/141212pd.pdf

弊社の発表は、この3次元スキャン特集の中で報告いたします。

お時間がある方はいかがでしょうか。

申し込み内容の抜粋です。

「第37回 情報・システム・利用・技術シンポジウム」
情報システム技術委員会

情報システム技術が担うインフラとしての役割は、すでに建
築・都市・環境のさまざまな分野に広く深く浸透しています。
情報システム技術委員会では、IT のさらなる可能性を追求する
場の提供を目的として、本年度も下記要領でシンポジウムを開
催します。論文および技術報告の発表、各小委員会による研究
集会等を行いますので、多数の方々の参加と活発な意見交換を
お願いします。
会期 ― 2014年12月11日(木) ~ 12日(金)
会場 ―建築会館ホール+本会会議室(東京都港区芝 5-26-20)
定員 ― 200名(当日会場先着順、事前申込み不要)
参加費― (1) 資料あり参加費 *資料はDVD
会員8,000円、会員外9,000円、学生5,000円
(2) 資料なし参加費
会員3,000円、会員外4,000円、学生1,000円
※会期中一度のお支払いで、両日とも参加可能です。
※上記参加区分(1)(2)ともに、全プログラムへの参加が可能です。
問合せ― (一社)日本建築学会事務局 伏見
TEL. 03-3456-2057

上へ戻る